出産手当金と国民健康保険の関係ってなんですか?

みなさんは、出産手当金と国民健康保険にはどのような関わりがあると思いますか? 国民健康保険と健康保険との違いには、女性に関することになりますが、「出産手当金」というのがあります。
「出産手当金」 なお、この期間に出勤したり、給料が会社から支給されたりした場合には、その期間分を省いて、出産手当金が支給されるのです。
この出産手当金とよく間違えられるのが「出産一時金」になりますが、これは現在、出産費用として42万円が支給されるものになります。
一方、出産手当金は産休により、働くことができなくない場合の"給料保障"になるのです。
出産手当金は、健康保険にはありますが、残念ながら国民健康保険にはありません。
つまり、出産でサラリーマンの女性が会社を休んでも、健康保険での保障が、産前・産後で98日間あるのですが、独立開業した場合、国民健康保険に加入することになるので、出産で仕事を休む時は、その期間収入がゼロになるということなのです。
ちなみに、健康保険と国民健康保険の違いには、このほかにも「傷病手当金」もないので、出産以外にもケガをしたり病気になったりして、仕事ができなくなった時は、全く収入がなくなるのです。
あなたは、万が一の時の対策は、いつでも考えていますか。
きちんとしておきたいものですよね。
医療保険は必要ない?健康保険との違い!【国の保障だけでOK?】