この頃光回線業者の人が高齢者宅を訪れ最終的に強制的に契約させる事例が増えています

近年になって、光回線の業者の人が高齢者宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線に関連した契約トラブルが多くなっていますよ!こういった事態を受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明らかにしたのでした。
wimaxを契約した際は、クーリングオフの対象外となっています。
なので、慎重に考えた上で申し込みをするようにしてください。
申し込み後にすぐ解約すると、解除料・違約金といった名のフレッツ光の費用を請求されます。
分かりやすく言えば、携帯電話と同じようなシステムと言えるでしょう。
wimaxプランのパスポート1年というのは利用登録料金が税別で三千円です。
最初に利用した月、または契約更新の月から起算して、十二ヶ月が契約の期間となります。
更新月が来ても解約しない場合は、自動的に契約期間延長となりますよ!もし契約更新月に解約の手続きをした場合は、違約金は請求されませんから、更新月を忘れないでおきましょう。