カテーテル療法のメリット、デメリットについて

『カテーテル療法』カテーテルを使用した心臓病お治療法になります。カテーテルと言うのは、直径2mm弱の細い管で、これを身体の静脈のある部分から血管に挿入していきます。このようにして直接治療を行う治療法になります。カテーテル療法には、以下の物が挙げられます。「冠動脈内ステント」「経皮経冠動脈血栓溶解療法」「経皮的冠動脈形成術」「大動脈内バルーンパイピング法」です。『経皮的冠動脈形成術』これは「PTCA」とも呼ばれる治療法です。先端にごく小さなバルーン(風船)をつけます。

そこでバルーンに圧力を加えて膨らませます。このようにして血管を広げる治療法になります。『冠動脈内ステント』これによって、血管を補強しつつ治療できる方法になります。『経皮経冠動脈血栓溶解療法』これは、「PTCR」とも呼ばれる治療法になります。冠動脈内に血栓溶解剤を直接投与する形で行います。『大動脈内バルーンパイピング法』そして、血流を回復させる治療になります。これらの治療法にはそれぞれメリット、デメリットがあります。

トータルでのメリットでは、入院期間が短くて済むと言う点があります。(笑顔)手術による傷跡が出来ないと言う点もあります。特に女性にとっては大きなメリットと言えます。(注意):ただし、症状によってはカテーテル療法自体が適用することが出来ないこともあります。また、心筋梗塞の治療法としては、まだ歴史が浅いと言えます。また、確実性と言う点においては不透明なところも否定できませんね。(汗)